あなくろ備忘録

投資も含め、自分が気になった事や調べた事を綴るだけです

iDeCoについて

そんなに書く事ないような気もするけど、iDeCoについて調べてみます。

 

iDeCoとは?

正式名称は個人型確定拠出年金呼ばれ、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金制度の事を指します。

ざっくり言えば積み立ての一種で、運用方法を自分で選べる商品という事です。

国民年金や厚生年金と大きく違う点は上記にもある通り、自分自身で運用方法を選ぶことができるという点でしょう。

また掛け金が全額所得控除になり、運用益は非課税対象、給付を受け取る際にも控除の対象になるというメリットが魅力として挙げられています。

 

掛け金を毎月2万円としたケースなら、この掛け金全てが税額軽減の対象となります。

仮に所得税と住民税が共に10%ずつと仮定すると、年間にして4万8千円の税額軽減となります。

収入が多くて支払う税金が多い人にとっては節税として使われているようです。

 

積立金は自身で選択した運用方法により運用されますが、その際に発生する分配金などの運用益は非課税対象となります。(本来なら源泉分離課税として20.315%)

 

積立金を引き出す際も、税金控除の対象となります。

年金として受け取る場合は「公的年金等控除」

一時金として受け取る場合は「退職所得控除」という控除を受けられます。

 

ここまでがiDeCoの仕組みとメリットです。

ここからはデメリットや注意点に注目してみます。

 

iDeCoのデメリットとは

一番大きいのは「60歳まで出金できない」事だと思います。

原則として10年以上運用した上で60歳にならないと引き出せない制度になっています。

途中解約も原則行えないので、月々の支払額には注意をする必要があります。

一応途中で支払額の減額や休止と言った措置は取れるようです。

また「脱退一時金を受け取る場合」「加入者が死亡した場合」「加入者が怪我や病気で障害を負った場合」に限り途中解約や引き出しが可能になるとのことです。

 

もう一つは運用時に元本が減るリスク。

ファンドに積立金を預け、それを運用してもらうのがiDeCoのシステムです。

元本確保型商品という「元本が確保されている運用商品」もありますが、それは当然限りなくリスクを減らすためローリターンと言えます。

簡単に言えば銀行の定期預金や保険商品と同じと考えればいいでしょう。

投資信託を行う場合は様々な条件に応じたファンドを選択して運用してもらいます。

運用益の振れ幅も大きく利益が出れば非課税で受け取れますのでリターンは大きいでしょうが、逆に元本を減らすリスクもあります。

うまくリスク分散が出来ればまとめて下落するというリスクは回避出来るでしょうが、キチンと理解をした上で上手くポートフィリオを組めないととんでもない事になりかねません。

選択肢はかなり多いみたいです。興味のある方は一度資料請求をしてみるといいかもです。

 

その他に運用手数料が別途かかったり、必ず誰しも加入できる訳ではないと言ったデメリットはあるものの、そこまでリスキーではないので割愛します。

 

 

ここまで書いて思った事は

「自営(投資家)になった時はいいけど、会社員の場合は状況に応じて」という印象が強いです。

上には書いていませんが、加入時の被保険者の種別に応じた掛け金の支払金額上限が設けられていて、自営業以外は最大23,000円までしか積み立てられません。

これだと運用益も含めてそんなに旨味が無いのかなと思ってしまいます。

 

もちろん私的年金としてですので、非課税や節税枠として自分の無理なく継続して積み立てられるならそれはそれでいいと思います。

ただ自分は今の仕事を辞めるまでは正直入るメリットが少ないので、専業になった時に状況に応じて加入しようと思います。

今の仕事を辞めて専業になるころにはある程度蓄えもあるでしょうし、その時は掛け金フルマックスで全力で節税したいと思います(笑

 

iDeCoについて興味がある方はこちらの公式サイトを併せてご覧ください。

www.ideco-koushiki.jp

 

NISAの記事で大分お眠になってきていたので、所々雑な記事になりました。

次回はドラマのハゲタカから「TOB」について調べてみたいと思います。

 

ではまた次回。